Who You Are(フーユーアー)君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくる [Kindle]

  • 日経BP
4.64
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (280ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書はベン・ホロウィッツによる「HARD THINGS」の続編のようなものである。いくつかの極限環境を潜り抜けたリーダーの判断が紹介されている。重要なのは文化という組織の基盤となるものがどういう性質を持っていて、それについて考え続けなくてはならないということである。

    自分の行動が、組織の文化にどのような影響を与えているか、私自身これまであまり意識してこなかった。というより、文化というのはコントロールできるものではないので、考えるだけ無駄だと思っていた。前者は正しく、後者は勘違いであることを知った。

    経営者は利益に責任を持たなくてはいけない。しかしそれを追求するあまり人間として大事なものを忘れてはいないか、常に自分に問いかけたい。組織は人であり、文化が人を動かしていくのだから。

    HARD THINGSを読んだ時も同じような考えが頭を巡った。本書は歴史に学ぶというアプローチで、前回とは異なるがそれでも根本で伝えたいことは同じなのかもしれない。年齢や立場が変わると、著者の伝える内容の受け止め方が変化するように思う。もう一度、HARD THINGSを読み返して新しい発見を得たいと思った。





    「誰も見ていないときにどう行動するかが、企業文化なのだ。」
    武士道を伝える段落の「そんな考えを一瞬でも思い浮かべたことを恥じ、~~」
    「謙虚さ。謙虚な人は周りから成功してほしいと思われる。傲慢な人は失敗すればいいと思われる。」
    「協力的。これは従順という意味でも丁重という意味でもない。」
    「意思決定のプロセスがどのようなものであっても、『反対しコミットする』ことを厳格なルールとして守らせることが、健全な企業文化を維持するのに欠かせない。」
    「スピードと正確さのどちらを取るか」
    「平時と戦時では異なる経営スタイルが必要とされる。」

  • 2020年7月①

  • ''私自身の価値観や振る舞いや性格をそのまま反映した価値観がすなわち企業文化だと思い込んでいた。
    だが、会社が大きくなり多角化してくると、(中略)さまざまに違った管理職がつくり出す異なる文化のつぎはぎというか、文化とも言えないような、ちぐはぐな何かの寄せ集めになってしまった。''

    HARD THINGS著者の第2弾。

    文化をデザインすることは、組織の行動、つまりひとりひとりが何をするかをプログラムすること。

    武士道も哲学のように見えるけれど、侍にとって、文化は行動規範だったと。

    歴史に学ぶ、文化と行動の関係。

  • 企業文化が、その人自身の会社の外でのありようも決める。
    刑務所出所後の生き方まで左右する行動規範になる。

    文化を変えるためには、外からリーダーを引っ張ってくるのも一つの手。

    文化基準以下の行動を放っておくと、文化がその低い基準に修正されていってしまう。

  • コロナの結果、テレワークで仕事ができてしまうことが社会的に証明され、オフィスに集まることがなくなってしまった。それ自体には肯定的なのだが、そのときに企業としての帰属意識や一体感、文化はどのように捉えていけばいいのかという課題意識から通読。

    そのために書かれた本ではないので、ダイレクトに答えは得られていないが、文化とは行動であり、望ましい文化を作るにはどのような行動が求められているかを超具体的に示すことが大事という点に非常に共感した。
    そしてそれが通常のビジネス本では挙がらなそうな歴史的事例から示されていることがとても斬新で、とても惹き込まれる本。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ベン・ホロウィッツは次世代のテクノロジー企業のリーダーとなる起業家に投資するベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)の共同創業者兼ゼネラル・パートナー。ニューヨーク・タイムズのベストセラー『HARD THINGS』(日経BP)の著者でもある。アンドリーセン・ホロウィッツを立ち上げる前はオプスウェア(旧ラウドクラウド)のCEO兼共同創業者を務めた。ラウドクラウドは2007年にヒューレット・パッカードから16億ドルで買収されている。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でコンピューターサイエンスの修士号を取得。またコロンビア大学でコンピューターサイエンスの学士号を取得している。妻と3人の子供と共にサンフランシスコ・ベイエリアで暮らしている。

「2020年 『Who You Are(フーユーアー)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ベン・ホロウィッツの作品

Who You Are(フーユーアー)君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×