オルガ (新潮クレスト・ブックス) [Kindle]

  • 新潮社
4.00
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (228ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • かの『朗読者』の作家が描いた、20世紀という激動の時代を生き抜いたもう1人の女性オルガの物語。生涯をかけて愛した男への愛と恨みは、同時代を生きた全てのドイツ人女性の思いを代弁しているのかもしれません。

  • 舞台は、19世紀末から2度の世界大戦を経たドイツ。恵まれない環境下で自分の生き方を貫いた、オルガという名の1人の女性の生涯を追う。

    第1部は身分違いの相手との恋と別離をオルガの立場から、第2部では晩年のオルガを看とる男性の目から、そして第3部では未開封のオルガの手紙から、彼女の姿を描いている。
    ずいぶん前に読んだ『朗読者』の作者ということで手に取った一冊、翻訳のせいなのか原文もそうなのか、レポートのような淡々とした文章はやや味気なく、とくに第1部は取っつきにくい。
    3部で明かされる真実は途中で予想できたけれど、強い信念をもって大きな秘密を抱えたまま恋人を待ち続け、やがて愛しさが、怒り、悲しみ、諦めに変わっていくさまは哀しかった。

    それにしても、ひとところに留まれず、無謀なチャレンジを止められない冒険家というのは、どうも昔から好きになれない。男のロマンというよりも、ただのわがままにしか思えないから。
    一途なオルガだが、もし念願叶って結婚していたら、果たしてずっと添い遂げられただろうか…。と、すこしひねた見方をしてしまった。

  • 静かな物語。歴史、時代背景
    恋人を失い、息子を息子として育てられなかった女性の心中

  • オルガという戦前・戦後を生き抜いた聡明な女性と愛したけれど北極に探検に出かけて帰ってこなかったヘルベルトの物語。

    3部構成になっており、第1部はオルガの視点、第2部はオルガが老いてから可愛がったフェルディナンドの視点、第3部はオルガがヘルベルトにあてた届かなかった手紙で構成されている。
    戻ってくるかわからないヘルベルトに対しての揺れ動く想いを書き綴った、読まれなかった手紙。自分で考えることのできる、聡明なオルガ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ベルンハルト・シュリンク(ドイツ:ベルリン・フンボルト大学教授)

「2019年 『現代ドイツ基本権〔第2版〕』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ベルンハルト・シュリンクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
横山 秀夫
宇佐見りん
ジュンパ ラヒリ
凪良 ゆう
村田喜代子
フランシス・ハー...
ユーディト・W・...
今村夏子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×