さらに、やめてみた。 自分のままで生きられるようになる、暮らし方・考え方 (幻冬舎単行本) [Kindle]

  • 幻冬舎
3.50
  • (6)
  • (5)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 91
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (122ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 当たり前のように日頃続けている事柄に、疑問や違和感を持ち、やめてみる。

    実は、結構難しいこと。
    わたなべぽんさんの「やめてみた」シリーズ3作目も身近な話題。

    私も、味噌はこれ。シャンプーはこれ。
    親戚づきあいはこう。年賀状は…と、続けているものを変えてみたり、やめることは実は、年齢を重ねるほどに抵抗が増してくる。

    自分の心のなかの小さな声に耳をそばだてて聞いてみると、「私、それ本当は嫌なのよ」「これはこういうものだから仕方がないのよ、やめたいけれど」という声が。

    にも関わらず、こうするのが当然。これはこうに決まっているという世間体や慣習を優先するあまり、自分の声を押さえつけ、その齟齬が次第にどよ~んと心に影を落とす。

    嫌は嫌。嫌いは嫌い。止めたいは止めてみる。
    これこそ「自分を大切にする」ということではないのかな。

    いくら頑張って家族に尽くしたところで、辛抱の先には「私がこんなに頑張っているのに!!!」と角(つの)がむき出しになって、見返りを要求する嫌な奴になるので、自分が好きでやる以外は、やらない。

    家族も他人なので、「察してくれ」は土台無理。「ありがとう、ぐらいは言ってよ」や「それは自分でやってよ」と直球ストレート要求。

    年を取ることはそれほど悪くない。
    まずは、自分がご機嫌じゃないと、誰かの評価や承認という危ういものに委ねてしまったり、誰かをコントロールしたくなっちゃうから。

    みやぞんも確か以前テレビ番組で言っていたような
    「自分のご機嫌は自分でとる」。
    世間体や慣習、常識等に押しつぶされないように。

    でも日々、小心者なので頭の中ぐるぐるが実情です…。

  • ちょっと無理があるように感じる
    面白いけど

  • 人間関係すっきりさせたい

  • 本書にも出てきたけど、3足千円の靴下は、本当にやめたらいいと思う。いい靴下は長持ちするし、履き心地もいい。
    今回は人間関係の「やめてみた」が多い。
    苦手なことは人それぞれやねんなぁ。簡単に拒絶せずに受け入れた方が、人間関係の幅が広がって良さそう。
    そして、著者夫婦の関係が素敵。

  • 参考になった

  • たしかに。私に思い当たるところがある。やめてみたらこんなに悩むこともなく、スッキリするのだろうな。
    自分の中の必要のない定義を捨てることも大切。

  • 生活の中のこまごましたことで、やめても造作ないことって、いくらでもあるものだな、と感じた。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。山形県出身。第6回コミックエッセイプチ大賞・C賞を受賞しデビュー。著書に『桃色書店へようこそ』『スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました』『ダメな自分を認めたら部屋がキレイになりました』『やめてみた。』などがある。

「2021年 『自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わたなべぽんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
わたなべ ぽん
村田 沙耶香
佐々木 圭一
凪良 ゆう
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×