Klara and the Sun: The Times and Sunday Times Book of the Year (English Edition) [Kindle]

著者 :
  • Faber & Faber
4.15
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (418ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クララってヴァイオレットエヴァーガーデンぽいな?と思ってたら最後トイストーリーみたいな展開に泣きそうになった。カズオ・イシグロを原書で読むのは『Never Let Me Go』以来。日本語を通さないぶん、一文一文が鮮烈な(ときに曖昧な)イメージの連なりとなって脳内に受容され、わたしだけの物語が手探りで描かれていく感覚を堪能した。この読み方はこの物語には合ってた気がするし、あとで気になった単語や表現を翻訳版でチェックする楽しみもできて満足。最初のうちは違和感を取りこぼさないよう毎晩ちょっとずつ読んでいたんだけど、60%を過ぎたあたりから先が気になってほぼ一気読み。この手の、物語の世界に没頭して夢中で読み耽ってしまうタイプの小説って、読む行為それ自体の気持ちよさに溺れて「何を伝えようとしているのか」「この作品のテーマは!」みたいなことを考えるのを忘れちゃうのが私の悪い癖(思えば、はるきとかもそうだった!)。ともあれ、本作の場合、現実社会の諷刺パートはそこまで斬新ってわけでもなくて、普通に生きてれば日々当たり前に思い知らされてることのような気もするんだが、それをどこかホラーっぽい気味の悪さで「え?え?なんなの?どういうこと?」ってのめり込ませる手腕がお見事。私にとっては「語られること」より「語り方」の巧さがいつまでも印象に残りそうな小説でした。なかでも、クララの視界が箱に分かれてしまうあたりは、初めての感覚で痺れた。もちろん、お話そのものの満足度も高く、人工物ゆえの無私のイノセンスを備えたクララのキャラクターはありえないからこそリアルに胸に迫るし、最後、若い人たちが親のドロッとした愛情にからめとられることなく未来へ向かって歩いていけそうで良かった。酷薄さ込みの若さがまぶしい(お日さまのまぶしさには負けるが)。
    There was something very special,but it wasn't inside Josie.It was inside those who loved her.
    ↑終盤のここ、泣けた。これは家族や友だちの話だけど、ジョージーのかけがえのない記憶はクララの中にも残ってるんだよね。私の好きな歌の一節「On My Radio 僕らがいつか ロックのレコードを聴かなくなっても ロックはふたりをあの日のふたりを きっと忘れないから」をふと思い出した。人間の驕りかもしれないけど、物が覚えてくれている、って感覚わかる気がするな。

  • ちびちび読んでて、最後の30%を一気に読み終えた。

    人間が主観で感じる孤独と、その人を見守る周りの人達を、AFが客観的に見守る。自分も周りの人と同じように愛情を持つが、自分は人間でないことを理解して、それが結果的にAFならではの孤独を生み出しているのか?あるいは、それも含めてAFとしてのアイデンティティなのか?

    記憶と感情という、どうしても人間臭いものを、クララは暖かく見守る。そして、その自分を見守ることを太陽に望んだのではないか。物語が進行するにつれて果たす、店長と太陽の役割も印象深い。

    クララ的なクライマックスと、読者的なクライマックスにズレがあるのも非常に面白かったし、とてもイシグロらしくて良かった。読み終えた後にジワジワと迫る恐ろしさと、自分の中での整理が付くことへの達成感。

  • 初めてのカズオイシグロ。題名とは裏腹にかなりダークな話だった。人間の嫌さがイノセントに書かれていた。誰も彼も勝手だねぇ、、、

  • カズオ・イシグロの最新作でノーベル文学賞受賞後の第一作。

    SFの形を借り、ロボットと女の子の友情を通して人間の愛や感情という、機械で代替えできない繊細な部分を描いている。どんどん作品に引き込まれ、ロボット女子に感情移入してしまうくらいの傑作です。

    クララは、AF(Artificial Friend、ロボ友?)と呼ばれる、おそらく少子化に対応して、子供たちの友達にできるように開発されたロボット。店頭でディスプレイされ、下見にきたジョジーと仲良しになり、その後改良型も発売されたのに、自分を選んでくれたジョジーと母親に感謝して一緒に暮らしている。また、ソーラーで動いているので、おひさまは全能だと信じている。

    勉強熱心で、ふたりを喜ばせるために人間の感情を学びたいと思っているが、なかなか難しい。病弱なジョジーが、調子が悪いのを隠してクララをハイキングに連れて行きたがった時、結局怒った母親がクララだけと出かけることになり、そこで「ジョジーの真似をしてみて」と指示されたので、一所懸命実行するが、二人とも機嫌が悪くなってしまったり。

    ジョジーの病状が悪化するに伴い、母親は恐ろしい計画をクララに打ち明ける。クララは、この家族のためならと同意するが、もうひとつ、ジョジーはおひさまに助けを求めてみる。

    全てがクララの目を通して語られ、背景に何の説明もなく、AF, oblong, high-rank, lifted, Cooting Machineなど、何を意味するかわからない単語が出てきて、読み進むとなんとなくわかってくるのは、Never let me goに近くてまさにイシグロ的。
    イシグロ作品を初めて読まれる方は、(特に英語だと)戸惑われるかもしれませんが、絶対おすすめの一作です。

全5件中 1 - 5件を表示

KazuoIshiguroの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×