ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと (幻冬舎単行本) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (176ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 涙腺崩壊。文章に強さがあり、母親への愛が溢れてる。これでもかっていうほどに伝わるものがあった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1983年、宮城県生まれ。2015年よりフリーライターになる。著書に『しくじり家族』(CCCメディアハウス)、『ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと』(幻冬舎)など。2022年には初の小説作品『エフィラは泳ぎ出せない』(東京創元社)も手掛ける。

「2023年 『聴こえない母に訊きにいく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五十嵐大の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×