何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?(1) (ヤングマガジンコミックス) [Kindle]

  • 講談社
3.77
  • (7)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 96
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Kindle無料版にて。
    コレは面白い。
    本物の信長がどうだったかは別として、カリスマ的リーダーシップはあるがマネジメント能力が低いところなど、まさにブラック企業のトップという感じ。
    そんな信長が本能寺の変を避けるためにあたふたするところがまあホント笑ってしまうわ。
    いいキャラに仕立て上げたなあ。
    何をやっても裏目に出るが、そのたびに適応力が上がっていくところなどまあ信長らしいといえば信長らしい。
    本物はどうだったか知らんけど(笑)
    とはいえ幹部たちもブラック企業でのし上がってきた猛者たちだからなあ・・・

  • 信長転生ものは多々あるけれど、これはかなり面白い。
    クマとのやり取りから、信長の暴走ぶりがツボに入って笑ってしまった。

  • ※2022.1.30購入@amazon、kindle版
     2022.1.30読書開始、読了

  •  タダ読み( ´ ▽ ` )ノ

     もろ100%タイトル通りの内容。
     本能寺の変で死んだ信長が不思議なクマによって7年前にタイムスリップさせてもらえたものの、何度やり直してもまた誰かに殺されるハメに陥ってしまう、って話。
     無限ループから抜け出すには「今後誰ひとり殺してはならない」っていうんだけど、信長様にとってはそれだけのことがとんでもない至難の業なのだった(>_<)
    「オール・マイ・ニード・イズ・キル」もしくは「時をかける第六天魔王」ってとこ(>_<)

     キャラ造形は明快かつギャグが冴え渡っていて、なかなかに面白いマンガだった( ´ ▽ ` )ノ
     絵も上手な方だと思うんだけど、帰蝶(濃姫)の肉体がなあ......(´ε`;)ウーン…。豊満っていうかあんこ型っていうかグラマラスっていうか、いやいやあそこまでいったらはっきし言って単なるすげーデブだろう(>_<)。作画者さんの趣味趣向はかなり個性的(>_<)

     続きが気になるので、機会があれば続きも読むかも( ´ ▽ ` )ノ
    2022/03/21
    #2917
     

全7件中 1 - 7件を表示

藤本ケンシの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×