安全でない僕たちは【電子限定描き下ろし付き】 (ドットブルームコミックスDIGITAL) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
3.81
  • (5)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • α嫌いのΩの基己くんは幼馴染であるαの豪だけは特別な存在でΩに発情しない絶対的安全なαと信じきってて、一方でその“基己からの特別枠”を守りたくて第二性の本能に抗って我慢して隠してずっと基己の側に居た豪の気持ち考えるとなぁ…切ない。やっぱ第二性に振り回される世界しんどすぎ〜〜〜ってなって読んでて泣きそうになった。ちょっと横になるわ。
    豪が基己への好意を拗らせ襲ってしまった一件を機に相互理解しようとしたりで二人の関係がやっとここから始まっていく、っていうのすごく良かった。
    しかしまぁタイトルがエモの塊で良いよね、この世界で絶対安全なんてないんだよなぁ。だからこそラストは噛んで番になって終わってほしかった感はある。

  • 表情に乏しい攻めの子が、感情を表に出す瞬間がとても良かったです。
    二人が番になる場面がなかったのが残念。
    受けを大切に思う気持ちは分かるけど、やっぱり番になって欲しい!
    続編あったら読みたいな〜。

  • αよりも優秀なΩの生徒会長基己と幼馴染みで唯一の親友豪。分かってはいたよ。うん。そうなるだろうな~って。先が読めるしオメガバではいたって普通の設定。でもなんかやっぱりDKって危うくてドキドキする。番になるかどうかの一生の事を簡単に決断しなかったのは良かった。

  • まず表紙が素晴らしく好みでした。同じ世界でもαとΩでは全然違って、はっきりと区切られた関係性。裏表紙の踏切の遮断機が上がったように、性の区切りが無くなったとしても「お前の隣で一緒にいたい」と願う2人がとても素敵で真っ直ぐでした。素晴らしいです… 。

    内容の面白さは周知の事実だろうから、表紙の素敵さを語ります。帯も好きだけど、外して見る表紙も好きです。ホーリンラブブックスさんの特典クリアファイルも透ける青色が素敵でした。
    普段の生活に置いても列車通過時には道路が遮断される訳で…。普段は性の違いなんて気にしてない基己と豪の2人でも発情期中には嫌でも性の区切りを自覚させられる訳で…。その何とも言えない表情を表紙に収めてくれて、ありがとうの気持ちです。
    踏切って、個人的にはあたり表紙で見ない物なんですが、今回はとても素敵表現でオメガバースの世界観を上手く表しているなぁと思いました。普段あまり読まないジャンルなので個人的にですが…。好きすぎる表現です!表紙だけでも是非一度じっくり見て欲しい作品です。

全5件中 1 - 5件を表示

奏島ゆこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×