怪異と乙女と神隠し(3) (ビッグコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 小学館
4.15
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (168ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まとめ買いイッキ読み中。
    なるほど。
    このパターンか。
    怪異が現れ、解決して、そしてその怪異に関わった「被害者」が仲間になる。
    なるほど。
    このパターンたぶん結構好きなんだな僕。
    オカルトちゃんとかその辺に通づる感じだな。
    なるほど。
    そして化野くん。
    もしかして化野くんは化野くんではなく怪異そのものなんじゃないかと思っても見たりしたが、その辺の可能性もなくはないようである。
    妹ちゃんだけが神隠しに遭った人間で…
    いやまだわからんけど。

  • 怪異/都市伝説もの。

    今回は「紅衣小女孩」という台湾の都市伝説が中心になって話が進む。詳しくはネタバレで書けないが、発生した経緯と流れから来る予想できない解決方法が印象に残った。
    また、化野の目的が公にされ、中盤~後半の切り替わりの印象を受けた。今後どうなっていくのか気になる所。

    3巻まで来てようやく気付いたが、この漫画は時代とともに変異していく都市伝説をキーワードにして取り上げているように思った。このあたり、別れの話と銘打たれている所と絡んでくるのかかどうか、少し楽しみにしている。

全3件中 1 - 3件を表示

ぬじまの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×