チ。―地球の運動について―(4) (ビッグコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 小学館
4.10
  • (26)
  • (25)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 379
感想 : 21
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 安定に面白い...がこの話は何かをモデルに構築されていると思わせておきながら完全なフィクションだということを納得しつつ読まなければならない。そこにちょっとだけわだかまりを持ってしまう分-1。世の殆どの歴史漫画だってファンタジー部分盛りだくさんなんだから気にするなと思うべきでもあるんだが...ごめんって感じ。

  • 地動説が異端とされていた時代の話。

    キリスト教の教えを信じたいながらも、観測結果を見ていれば、地球を含む惑星が太陽を中心に回っていると仮定すると、美しい秩序が見えることに気がついてしまう人が現れる。

    異端とされている結果ではあるが、美しい…。


    何世代にも渡って、山の奥の石棺に隠され、受け継がれていく地動説の積み重ね。異端として命を落としながらも、満足そうに次の人に託していく思い。


    志を同じくする仲間が少し増えたと思いきや、仲間が増えることの危険、ここに極まれり、な展開にハラハラ。そして、2巻から物語を回してくれていた決闘請負人くんの決意! 彼のノートは? パンを恵んでもらった彼の役割とは? そして、ピャスト伯のノートを拾った彼は今後どうなっていくのか?


    気になる伏線がいっぱい〜!
    続きが楽しみ。

  • おもしろくなってきた。

  • 地動説完成まで。

  • 積読

  • 理論がほぼ完成し,祝杯をあげるオクジーとバデーニ,そしてヨレンタのもとに現れた,ヨレンタの父親ノヴァク。感動のために時間稼ぎに向かうオクジー。

  • 異端審問官のノヴァク、相変わらず飄々さを醸してますが、残酷で冷酷。
    しかもヨレンタの父と判明。
    弟子2人に仕事を指導するが、弟子の1人はC教の為あらば厭わない。
    うーん、盲信な信仰。

    オクジーは知識を得る喜びに感動し、ヨレンタから文字を教わるだけでなく、書き留めて伝えたいという思いを持つ。
    『今はこの地球を守る為に地獄へ行ける』。
    知の継承のためにバデーニを守り身を挺する。続きが気になる。

  • 感想は最終巻(第8巻)へ∠( 'ω')/

    https://booklog.jp/users/fleurenbonton/archives/1/4098613174

  • 地動説についての闘争の話。
    さすがにドラマっぽすぎと思うが、知性とか研究についての考えに感動する。

  • 身震いした。凄すぎて。

    タイトル回収が鮮やかすぎて
    1個目泣いた。自分の名前に関係するもので歓喜した。親に感謝した。2個目はちょっと完成度低くないか?と気になった。

    まさか父親が…
    なんか不自然に顔が出ないなとは思ったけれどまさか…怖すぎた。

    オクジーの存在意義を強く感じた。

全21件中 1 - 10件を表示

魚豊の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×