「不屈の両殿」島津義久・義弘 関ヶ原後も生き抜いた才智と武勇 (角川新書) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • “戦国最強”と評されることも多い島津氏も、一次資料を元に一皮むけば、「そんなんでよく生き残れたなあ」と思うくらいダメダメに見えるところも少なくない。

    ただそれは、織田信長や豊臣秀吉といった、独裁色の強い、“ベンチャー型”大名の印象を戦国大名の代表として見ているせいもあるのだろう。

    中世から続く老舗の企業を運営していく上では、しがらみや慣習が多すぎて物事がスピーディーに進まないことも多々あるのだと思う。

    しかし後世から振り返ると、この時期の島津氏に義久と義弘という性格の違う兄弟が揃っていたのは、僥倖だったと言える。筆者が指摘するように、どちらかが欠けていたらおそらく、島津氏の江戸時代はなかったに違いない(だとすると、明治維新もなかったことに)。

    鹿児島人待望の島津氏メインの大河ドラマも、本書をベースに作れば、良いんじゃないかと思うし、是非観たい(ただし、それを鹿児島の視聴者が受け入れるかどうかは、また別問題)。

    新名先生の「島津氏講座」(https://note.com/tabenomuraji/)も、またチェックしなくては!

    島津氏関連で知りたい、義久の肖像画が存在しない不思議。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1971年、宮崎県生まれ。鹿児島大学法文学部人文学科卒業。広島大学博士課程単位取得退学。博士(文学・東北大学)。みやざき歴史文化館、宮崎市きよたけ歴史館学芸員などを経て、志學館大学非常勤講師。南北朝期から戦国期の島津氏研究を専門とする。著書に『日向国山東河南の攻防』(鉱脈社)、『室町期島津氏領国の政治構造』『島津貴久』(戎光祥出版)、『島津四兄弟の九州統一戦』(星海社)、『現代語訳 上井覚兼日記』(ヒムカ出版)など。

「2021年 『「不屈の両殿」島津義久・義弘 関ヶ原後も生き抜いた才智と武勇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新名一仁の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×