さよならも言えないうちに [Kindle]

著者 :
  • サンマーク出版
3.93
  • (8)
  • (9)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (198ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 過去に戻れるのはコーヒーが冷めきるまで。
    シリーズ3作目、途中からでも難なく読めます
    読後に自分なら誰に会いたいか考えるかも

  • 「コーヒーが冷めないうちに」の4作品め。

    これまでの中で一番好きでした。
    すでに読んだ3冊(特に1冊め)は前評判の高さで読んでみたもので期待値が髙かった為か思ったよりさらりと読み終わった印象がありました。

    今作は、過去に誰かに会いに行ったとしても未来を変えることが出来ない、それでも会いに行きたいのか?
    この点で過去に戻る理由に自分の会いたいだけでなく、相手を想う気持ちが描かれていて4作品とも好きでした。

    基調は変わっていないです。

    「大事なことを伝えていなかった夫の話」
    「愛犬にさよならが言えなかった女の話」
    「プロポーズの返事ができなかった女の話」
    「父を追い返してしまった娘の話」

    最初の作品は、妻の気持ちが、2作めは愛犬の優しさ、3作めはお互いを思いやる気持ちが、ラストはただただ親の愛情が、ほろりとさせられる4作品でした。

  • 「君のおかげで僕が幸せだったことを、君に知っててほしかった」という表現が心に残りました。

    コーヒーが冷めきるまでの間だけ過去に戻れるという喫茶店の話で、とても感動する本です。

  • 【注:本レビューは,旭川高専図書館Webサイトの「私の推薦する本」に掲載した文章を,執筆者の許可を得て転載しています】

    過去に戻ることは可能なのだろうか?「あのときに戻ることができれば」、「やり直すことができるのであれば」、と誰もが一度は思い巡らせたことのあるタイムトラベル。天体物理学者ロナルド・L・マレットがタイムマシーン理論を生み出すなど、数式の上ではタイムトラベルが実現可能だとする研究も存在する。しかし、理論上、タイムトラベラーは過去を変えることができない。改変を試みても、タイムパラドックスに直面し、未来が自動修復されるからだ。結果、現実は変わらない。
    それでもあのときに戻りたい。そんな願いを抱く多くの人々が、本作の舞台である喫茶店「フニクリフニクラ」を訪れる。この喫茶店には過去に戻れるという都市伝説があるからだ。ただし、制限時間、過去に戻ってどんな努力をしても現実は変わらないなど、5つのルールがある。そしてこのルールに従った全4話(1.妻が事故により遷延性意識障害(植物状態)を発症する前の時間に戻って、「ありがとう」を伝える夫の物語、2.「さよなら」を言う前に亡くなった愛犬に会うために過去に戻る物語、3.優しい嘘が原因で別れた生前の恋人に会いに行き、プロポーズを受け入れる物語、4.干渉を嫌がって追い返した数日後、震災で亡くなった父親に、時間を溯って感謝を伝える物語)が収録されている。
    起きてしまったことは変えられない。それでも過去に戻ってあの人(犬)に伝えたい。その思いを遂げた人々の様子は、過去を受け入れて今の時間を大切に過ごそうと思う人や気恥ずかしくても、少しの勇気を出して相手に伝えようと思う人の背中をそっと後押ししてくれるだろう。本作は、映画化もされた『コーヒーが冷めないうちに』の続編であり、同様に過去に戻る人々の物語『この嘘がばれないうちに』、『思い出が消えないうちに』もおすすめ。

    (人文理数総合科 本荘 忠大)

  • 過去は変えられなくとも、伝えきれなかった事を伝えられればいいと思える。そんな過去はいくつもある。

  • あっという間^ ^お父さんとけんか別れしたくない

  • 3話目で、このシリーズで久々に泣いた。

    今回は「記憶」に言及される話が多かった。
    ルールの関係で現実は変わらないが、記憶は残るとのこと。

    この先の未来に起こる事実を知っていて生活を送るのって、どんな気持ちなんだろう?と想像してしまった。

  • 普段は読んでも身にならないから、小説は読まない。この小説も非現実的な物語なので、エンターテイメントでしたかないけれど、それでも、小説もいいもんだなと思った。このシリーズの他の本も読んでみようと思う。

  • 「コーヒーが冷めないうちに」シリーズの第四弾ということなので、
    その続きを読みたくて手に取りました。

    今回もそれぞれの章で心にぐっと響いて、
    泣けてしまう奇跡の物語でした。

    どの章の物語でも自分だったらと置き換えながら
    読むと更に胸に響くものがあり、
    今までの人生を振り返りながら読むことが出来ました。
    自分の経験と重なる部分が大きいと更に心に沁み、
    まるで自分の人生もやり直しているみたいな気分にもなりました。

    夫から妻へ、女性から愛犬へ、
    女性から空へ、娘から父親へと伝えておきたかった
    それぞれの言葉が重みとなり涙をそそりますが、
    やはり最後の娘から父親へはぐっとくるものがあり、
    他界してしまった両親の事を思い出しました。

    文中にあった
    「人生には分岐点がある。
    後悔は全て一瞬の出来事で、
    誰もその瞬間が自分に訪れるとは思っていない。
    自分の行動が予期せぬ結果を招いてしまった時、
    人は大きな後悔に苦しむことになる。
    二度とやり直すことができないからだ。」
    という言葉が印象深かったです。

    今までの人生の中で様々な分岐点がありましたが、
    自分なりの決断を下しそれなりに納得をして
    生きてきたつもりですが、
    そうであっても歳月を重ねてもこれだけは後悔を
    してしまっているということがあるので、
    これからの人生ではそうゆうことが少なくなるような
    決断をしながら生きていきたいという気持ちにもなりました。
    それと同時にいつも笑顔を忘れずに、
    感謝の気持ちも忘れずにいたいという気持ちを
    大事にしていきたいというもの強く思いました。

    シリーズ四弾目ということなので、
    少しは展開が変わるのかと思いましたが、
    あまり大きな変化が無くて期待していただけに
    惜しい感じがしました。

    さらりと読めてふわりとした優しい気持ちにもなる
    作品なので心が疲れた方にお勧めだと思います。

  • 展開がグッと来ない。ふわりと浅くて軽い感じ。
    期待しすぎだかも。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

川口 俊和(かわぐち としかず)
大阪府茨木市出身。1971年生まれ。元・劇団音速かたつむり脚本家兼演出家。代表作は「COUPLE」「夕焼けの唄」「family time」等。本作の元となった舞台、1110プロヂュース公演「コーヒーが冷めないうちに」で、第10回杉並演劇祭大賞を受賞。『コーヒーが冷めないうちに』で小説家デビュー。続編として『この嘘がばれないうちに』が刊行され、最新刊『思い出が消えないうちに』も2018年9月19日に発売。
『コーヒーが冷めないうちに』はヒット作となり本屋大賞にもノミネート。映画化され2018年9月21日に公開。

川口俊和の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×