彼女が最後に見たものは (小学館文庫) [Kindle]

  • 小学館
3.81
  • (2)
  • (17)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (352ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前作に続き、三ツ矢、田所という二人の刑事が登場する。

    家族が居る。そこには幸せな時間があるはずだった。

    日常はありふれて、金もない、働いていれば時間もない。
    夫、妻、子供は愛し合っているように見えた。外からは、あるべき姿に見えたはずだ。

    そんなわけないけど。
    だけど家族の未来を想像してしまう。認めるわけにはいかない。自分の家庭だけはそんなはずはない。
    登場する家族もそう信じていたに違いない。

    殺人を犯した被害者と、夫を亡くした寂しい女。
    幸せに嫉妬する女に、見栄をはる女。
    罪への罪悪感、幸せの執着、憎悪の意識が重なり幾度も交錯する。

    ただ不幸と言うべきかどうか。死者の無念は晴れたとは思えないが、本人が救われたのなら、読者としてもありがたい。

    心に空いた穴を埋めようと誰もが必死だった。
    それは優しさを含んでいるようでもあり、身勝手な行いにもなり得るということを考えさせられた。

    家族を大切にしたいな。

  • ❇︎
    『あの日、君は何をした』続編と聞いて
    読むのを楽しみにしてました。

    順番に登場する人物が皆、少しずつ事件に絡み
    緻密な伏線が張られます。

    誰を主人公にして読むかは、読む人それぞれの
    視点や共感するポイントによって変わってくると
    感じました。

    前作の、あの日の〜もそうでしたが、
    決して爽快な読後感が残るのではない。

    でも、読むことによって人との関係や、
    親子や家族の関係を改めて考えるきっかけになり、
    問題を投げかけられて、悩むけれど、
    読んでよかったと感じる小説でした。


  • 嫌な話だったな、ではなく、知らなくてはならなかった大事な何かを手渡された感覚。

    解説にあったこの一行が、読了後の私の気持ちを全て語ってくれた。とにかくずっしり来る。こういう重い小説は好まないので、解説を先に知っていたら読んでいなかったかもしれない。だからこそ、良い出会いだったなぁと今になって思う。

    複雑な親子関係が描かれ、かつ読んでいて手強かったのが、事件に関係する全員が本作品の視点人物となったこと。ちょっと混乱。

    とはいえ、また新しい作家さんを知れてよかった!

  • 「解説」は、じぶんが言葉にしていない思いを言語化してくれていて、小説を読むことの効能を感じさせるものだった。

    多くの人物が、自分本位で動きながらも、どこかではだれかを「庇う」。
    とは言え、だれかを想いながらも、それが純粋な「だいじだよ」としては伝わらず、屈折した形となる苦しみ。

    どうやったら、あなたをたいせつに思っています、が、伝わっていくのだろうか。


    今回のお話は、全体を通すと「悼む人」を想起させる雰囲気があった。

  • 後書きにも、これをイヤミスとするのは違うと書いてあったが同感だ。
    悲劇ではあるかもしれないが、哀切と、人の思いに満ちた物語だと思う。
    よく出来たミステリーてあることは言うまでもない。
    複雑に絡まる人間関係かどうのとか、書くべき感想はたくさんあるとは思うが、言い尽くされていそうなので。
    確かに、殺されていい人間などない。
    だが、コイツに税金使うのどーよ?って奴はいる。
    被害者だか「さん」つけなくていいと思うよ。むしろ、コイツがすべての元凶ではなかろうか。
    この作品の場合は、インスタ狂いの市役所職員の虐待親だ。
    こんなもんに税金で給料だして、出窓飾ってキラキラライフにイイネもらうために、娘を幼少からモラハラ虐待なんて許し難い。身体的暴力だけが虐待じゃない。
    コイツの嫁も、税金で暮らしてるくせに不倫かよ。
    むろん、娘はネグレクト。今は反抗期でウザイから祖父母に預けて20歳くらいになったら話し相手にしたいとか勝手なことをぬかすバカ親。
    20歳の娘だって、お前に同意などしないだろう。
    なせなら、この娘は、人の心を持つ真っ当な子だからだ。
    この虐待夫婦に税金からたっぷり給料が支払われ、健康を崩している納税者に、そんなの甘えだ税金頼るなと罵倒するなど許し難い。
    作中、なにが1番怒りたいって、そこである。

  • 「彼女」は、果てしなく暗く、重い生の最後に何を見たのか…。変人刑事、三ツ矢と若手、田所のコンビ再び。

    前作に続き、変人刑事、三ツ矢と若手、田所のコンビ。




    事件に取り組む三ツ矢は言う。

    「知りたいと思いませんか?」と。




    「知らなくてもいい真実」というセリフがある。

    事件に関わった、巻き込まれた人にとって、

    「ワケが分からない」ことで、その後を過ごせるのか。

    あるいは、知ったからと言って、心の穴は埋まるのか。




    どちらにしろ、失ったものは二度と元には戻らない。




    別々の事件の関係者目線で物語が進むことによって、

    その別々だったものの関連性が、徐々に浮かび上がってくる。

    そして、その間に立つのが、いつも、三ツ矢。




    現実社会、特に警察のような組織で、

    三ツ矢のような人間は、不適合として扱われるだろう。




    常に、己一人の頭の中で思考、推察し、完結しようとする。




    コミ障と言われても、仕方ない。




    有能であるだけでは、やっていけない。




    そんな彼が、警察の中で成立するのは、きっと、

    周りの目が優しいからだろう。




    田所にしても、実に、我慢強い、と思う。




    彼以外に、時々、三ツ矢と繋がりがありそうな刑事仲間が

    登場するのだが、彼らの三ツ矢に向ける目は、それほど冷たくはない。




    テーマは、相変わらず、暗く、重たい。

    愛する者の死、倒産、借金、更年期障害、ホームレス…、これでもかと、

    突き付けてくる。




    そして、砂上の楼閣のようなSNSの世界。




    だが、読み終えて、イヤミスのような「置いてけぼり」感を喰らわないのは、

    被害者である女性の、想いが伝わるせいか。

    後から、ジワジワ来る作品だ。

    何度でも、読み返したい。

  • 二つの殺人事件(事故)が絡み合って進む
    伏線が沢山あり、読み切った後、その伏線をまた思い出したくなり2回続けて読めた。
    前作より面白かったと思います。

  • 書店のポップを見て購入した本作。三ツ矢田所コンビの二作目だが読むのは今作が初めて。さまざまな人物の視点から徐々に絡み合い、全てが繋がってくるため、中盤からは一気に読んでしまった。しかし、序盤擦られ続けたフラワーアレンジメントがそこまで物語の軸にはならないこと、真犯人のポッと出感が否めず、終盤の最後のひと押しに欠けた印象で星3にしました。

  • 4.2

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九六五年東京都生まれ。北海道札幌育ち。二〇〇七年「散る咲く巡る」で第四十一回北海道新聞文学賞を受賞。母親の子どもに対する歪んだ愛情を描いたミステリ『完璧な母親』が一三年に刊行され話題になる。他の著書に『夜の空の星の』『熊金家のひとり娘』『ある女の証明』『いちばん悲しい』『玉瀬家、休業中。』『屑の結晶』『あの日、君は何をした』など。

「2021年 『祝福の子供』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まさきとしかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
村田 沙耶香
新川帆立
東野 圭吾
沼田 まほかる
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×