変な絵 [Kindle]

著者 :
  • 双葉社
3.88
  • (100)
  • (167)
  • (81)
  • (21)
  • (7)
本棚登録 : 1380
感想 : 158
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (315ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  絵がヒントとなり様々な事件の解決や残酷な真実に近づいていきます。本書の面白いと感じた点は一貫したテーマが隠されているという点です。本書は時間軸も主人公もテイストも異なる5つのストーリーからなりますが、その全てにある共通点があります。それが終わりに近づくにつれてどんどんと鮮明になっていく点は非常に面白かったです。それはまるで複数枚の絵の破片をジグソーパズルの様に合わせていく感覚がありました。

     内容としては殺人や不審者の登場など怖い、不気味な要素が多いはずですが、最後は少しだけホッとする展開になっています。基本的に救いようのないお話が多いですが、100%救えないことはなく、ほんの少しは救いのある内容となっています。

     ジャンルとしてはホラーに近いと思いますが、そこまで怖い要素はないので、多くの方が楽しんで読めると思います。

  • 独立した短編集かと思ったら全て繋がっていた。
    個人的に【変な家】よりも謎解き部分がグレードアップしていたと思う。
    面白くて一気に読了。是非、2も出して欲しい。
    3枚の絵はちょっと鳥肌が...。

  • 夜から読み始め、最初の所でちょっと怖すぎてそのまま閉じました。
    そしてきょう、読み終わりました。まあ全体的に怖い!
    でも面白いので読み終わるのはすぐです。よいとか悪いとかは・・・

  • とにかく読みやすい。
    すべてがつながったとき、すごくすっきり。
    こういった小説もっと読みたいと思いました。

  • 前作に続けて読んだのだけど、うーん。

    前作よりは無理がないかな、とは思いつつ、死体損壊で死亡時刻の推測をずらすとか(科学捜査もう少し有能では)、寝袋の中で絵を描くとか(鉛筆引っかかって動かせないし紙に圧がかからないからあんな均一な線にならないのでは)、実現可能性に説得力がなくないかなこれ…とか、細かい部分が気になって楽しめなかった。すみません。

    なんかまっすぐに引かれた物語を都合のいいとこでまとめている感じで推理小説の紆余曲折とかが好きなわたしには物足りなかった。

    ただ、真っ直ぐ話が進むので、面倒な読書の苦手な人が読書に親しむのにはいいんじゃないかなって思う。

  • 変な家より、こっちの方が読み応えあった気がする。
    最初と最後がつながってたけど、なんか唐突すぎたな…って感じ

  • ところどころ納得できない部分もあったけれど
    話の面白さにぐいぐい引き込まれて
    一気読みしてしまった。
    彼女の愛情?が色んな人を犠牲にして
    膨れ上がっていくところが恐ろしい。

  • 『変な家』の倍くらいは面白い気がする(笑) 雨穴さんは正直なところ、あのスタイルを書籍化するのが違和感満載なのでWEB記事とYouTubeが一番面白く感じてしまうのだけれど、本作は形を変えて一層「小説」らしく作られているためミステリ的展開とマッチして非常に楽しめた。最終章のまとめ方などは、シリーズを楽しんでいる人にはぜひ読んでおいてほしいと思うほどにエモさがあった。

    • うたえながさん
      変な絵は変な家とはまた違うな面白さがありますよね。七篠レンの心の日記は実際WEBでもみることが出来ますよ!
      変な絵は変な家とはまた違うな面白さがありますよね。七篠レンの心の日記は実際WEBでもみることが出来ますよ!
      2024/03/17
    • らきむぼんさん
      >うたえながさん

      そうですね、結構しっかりミステリやってるなぁという感じがしました。
      変な家よりも無理のない展開な気がします。「変な...
      >うたえながさん

      そうですね、結構しっかりミステリやってるなぁという感じがしました。
      変な家よりも無理のない展開な気がします。「変な家」のあの突拍子もない感じもいいんですけどね。
      実際のブログ見てきました! これを実際に見るとまたちょっと感じ方も変わってきますね。
      2024/03/17
  • 短編集ですが、最後に全ての謎がわかりますので、必ず最後まで読んでください。
    ただ私は、誰も幸せではないことに読後感が良くなくて…好きなタイプではないかな?とは思いましたが、謎が全て繋がって、全ての物語の時系列が見えてくると景色が一気に広がり物語が流れて終わる感じは、読み切った感はあると思います。

  • いやぁ〜面白かった…(๑°⌓︎°๑)
    前作?の「変な家」を読んでたから、それと同じ期待値ぐらいで読み始めたけど、その作品より個人的に好きな作品で、正直同じ作者さんが書いてるって思えないほど複雑な題材をよりシンプルに、楽しめる形で書かれているなぁとビックリ&感心しました…(めちゃくちゃ褒めてます)
    読書自体苦手な人でもさらっと読みやすい文体とボリュームだったんじゃないかなと思ったし、実際周りの人にオススメした一冊♪

全158件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

インターネットを中心に活動するホラー作家。
ウェブライター、YouTuberとしても活動している。

「2021年 『変な家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雨穴の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×