語学の天才まで1億光年(集英社インターナショナル) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
4.35
  • (39)
  • (31)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 378
感想 : 43
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (475ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高野さんがされてきた冒険を、言葉、言語という観点から書かれていた。独特な勉強法やアプローチの仕方が興味深い。次は、“アヘン王国潜入記 “かな。

  • 流石高野秀行氏の作品。めちゃくちゃおもしろい!

    辺境を旅してきた高野さんだからこそ書ける語学本。私が1番感心したのは、言語の習得について、今の日本では初級からはじまり最終的に完成に至る(ネイティブライクに言語使用できる)というプロセスでしか言語学習(習得)は行われていないのではないかという言。学校教育の影響が強く出過ぎているパターンだということを感じさせる。

    もちろんそれが悪いことではないかもしれないが、そこがよくある外国語を話すときに極端に文法を気にして使用できない人や間違った文法を使うとすぐに指摘する→使用しなくなるという悪循環につながっていってしまっているのではないか。

    高野さんの言うところのプリコラージュ学習法(レヴィ=ストロースが唱えた概念で、「ありあわせの道具材料を用いて自分でものを作ること」、「その場しのぎの仕事」)を言語使用にも当てはめた語学のあり方は非常に興味深く今の時代、特に日本にとっては非常に良い影響を与えそうな予感がある。

    どちらかではなく良いとこ取りをすれば良い。この本自体もそうで、言語そのものに興味があって手に取った人にとっても、言語に興味がないけど高野さんの作品だからということで手に取った人でも楽しめる作品になっている。

    エンターテイメントとしても語学関連本としても非常に質の高い本でした。

  • 最高だった!
    異国×言語が私の好みど真ん中であることに加え、作者の筆致の飄々とした感じ、こってりした内容をするすると読ませる。「ちなみにこのときマラリアにかかっていて」じゃないんだよ笑
    やっぱり違う世界のフィクションものはおもしろいなあ〜、ほかの作品ぜんぶ読みたい!

  • 高野秀行の本はほぼ読んでいるが、これもかなり良かった。

    言語学を学術的ではなく冒険者?観点で分析しているのがすごく面白かった。これがリアルな言語習得だよな、と思う。「情報を伝えるための言語ではなく、親しくなるための言語」学の本だった。

    特に現地の人にウケるために言語習得する、というのは大事だなと思う。あと、言葉だけではなく言い方・言い回し・話題・ノリなど、シンプルに言葉だけを習得しては言語習得とは言えないというのも共感。

    そして、言葉以外のものも習得、つまりネイティブの真似をできるようになると気持ちもシンクロしてきて、その言語習得のスピードが加速するのだと思う。

    長期的な現地の人の生活に密接した旅にまた出たいなぁ

  • 長い「あとがき」にあたる「エピローグ」が秀逸だった。
    機械翻訳・通訳がここまで進化した今、果たして語学をやる意味はあるのか? この問いに、著者は、「興味を抱いた他人と、ガラス越しではなくじかに触れたいと思う。互いの心臓の鼓動を聞くような語学は生き続けると確信する」と言う。

    そうかもしれない、と思う。私はたぶん、世界の奥地を訪ねて、そこの住民から直に言葉を習うというようなことはできないけれど、その地から産み出された物語や詩を、ただ意味がわかれば事足りるのではなく、言葉まるごと味わいたい、母語話者のように身体ごと、とまではいかなくとも…

  • 言語習得についての有益な情報と旅エッセイとしてのおもしろさが見事にバランスとれた本でした。高野さんの言語習得のコツってなんなんだろう、きっと耳がいいんだろうな〜才能だな〜ってなんとなく思ってたけど、そういうことじゃなかった。高野さんのモチベーションってのがすごくよくわかったしすごく男性的だなとも思った。少年的っていうのかな。この言語習得のコツは、他の何かの習得においても役に立ちそうな気がする。

  • やっぱり高野さんは面白い、楽しい
    言葉の習得指南書なんでしょうが、ぶっ飛んでる。
    マネしたいけど真似できない賢さ、どこに放り込まれても自分を突き通せる柔軟さ。それを全く本人が意識せずやれてるところが一番素晴らしい!

  • とにかく面白い。世界の辺境を探検する都度、現地の言葉を事前に、あるいは旅の中で身に着けてゆくというスタイルで、25もの言語を学んだ著者の破天荒な記録。言語遍歴の中で、各言語の違いよりもむしろ共通点が見えてきたという終盤の記述は味わい深い。スペイン語はメジャーな言語だが、平安京のように規律を保った言語であるという感想も面白かった。著者がインドヨーロッパ語族が支配的なアフリカや南米からアジアに興味の対象を移していった過程に共感する。

  • 不真面目寄りの真面目本

  • 何だろう?と思わせる題名だが、中身はいつもの高野秀行なので安心して読める仕上がりになっている。
    世界の秘境をめぐり、そこで現地の人とコミュニケーションをとる姿は語学の達人と誰しもが思うところである。
    本書は、いままでの作品の裏側というか、語学の面から振り返り当時の状況を種明かししたもので、どうやって語学を習得していったかが明かされる。
    自然とさまざまな言語の比較になり、言語学の入門書のようでもある。今までの高野秀行とちょっと違う面が見られるので辺境(語学)ファンにはお勧めである。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年、東京都八王子市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学探検部在籍時に書いた『幻獣ムベンベを追え』(集英社文庫)をきっかけに文筆活動を開始。「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」がモットー。アジア、アフリカなどの辺境地をテーマとしたノンフィクションのほか、東京を舞台にしたエッセイや小説も多数発表している。

高野秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川 哲
又吉 直樹
カズオ・イシグロ
劉 慈欣
劉 慈欣
ヴィクトール・E...
ジェームス W....
三浦 しをん
アンデシュ・ハン...
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×