やさしさを忘れぬうちに [Kindle]

著者 :
  • 2023年3月13日発売
3.80
  • (5)
  • (10)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 114
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (235ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コーヒーが冷めないうちに、第五弾。誰にでも戻りたい過去はある、そんなふうに感じさせてくれます。そしてコーヒーショップに過去に戻る仕組みが少し説明されます。

  • とある町のとある喫茶店の決まった席に座るとコーヒーが冷めるまでの間だけ望んだ過去に行ける
    ただそこには面倒なルールがいくつかある

    内容はいいと思う…
    が、どうにも表現が私には合わないというか…
    感情を表現するのがいちいち説明調なのがやたら気になってしまった
    脚本読んでるみたい
    大作を読んだ後のブレイクタイムにはちょうどいいかも

  • 人の気持ちは、すれ違い易いもの
    切ないことだが
    それぞれの話が、凄く優しさにあふれていた

  • 離婚することの告白に泣く子ども。
    過去に戻り泣かないようにしようと思うも、泣いてしまった。それでいい。

    結婚に反対し追い出した娘。未来からやってきた娘には孫もついていた。なぜ未来から戻ってきたのか。理由を推察した父はこの後どんな心情で過ごすのか気になった。

    消防隊員の夫。危ないから転職をと進めるも。結局職場とは違う場所で危険につかまり命を落としてしまう。子供に名前を付けてほしい。過去に戻り名前をもらう。妻はそれで満足だろう。では夫は?なぜ戻ってきたのか思い至って。夫はどうして過ごすのか。残酷だなと思った。

    最終話は読んでない。
    次回の楽しみに。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

大阪府茨木市出身。1971年生まれ。小説家・脚本家・演出家。舞台『コーヒーが冷めないうちに』第10回杉並演劇祭大賞受賞。同作小説は、本屋大賞2017にノミネートされ、2018年に映画化。川口プロヂュース代表として、舞台、YouTubeで活躍中。47都道府県で舞台『コーヒーが冷めないうちに』を上演するのが目下の夢。趣味は筋トレ、サウナ、シーシャ。モットーは「自分らしく生きる」。

「2023年 『やさしさを忘れぬうちに』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川口俊和の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×