成瀬は天下を取りにいくシリーズ 全2冊セット

著者 :
  • 新潮社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆成瀬は今後はどこへ行く?

    主人公は中学生の成瀬あかり。
    「島崎、わたしはこの夏を西武に捧げようと思う」
    と友人の島崎に話すところから物語は始まります。

    滋賀県の大津市を舞台に、閉店する西武を惜しみ、成瀬は毎日取材するローカルテレビ番組に、西武のユニフォームを着て映りに行くのです。

    「大津にデパートを建てる」「200歳まで生きる」など大言壮語なのですが、実際にそれを実現してしまいそうなバイタリティのある成瀬。

    「~だ。~だな」と男のように喋り、泰然自若でマイペース、笑うこともなく空気も読みません。しかし、謙虚で人の話も良く聞き、意見も取り入れる懐の深さが、魅力的なのです。

    2023年1月発売の本作は、成瀬の中2から高校にかけて、
    時間順に話者を変えて5つのエピソードからなる短篇が収録されていますが、2024年1月発売の続編(成瀬は信じた道をいく)は、高校から大学までを描く6篇を収録。

    続けて読むと、すべてが積み重なって、面白さも広がりと厚みを増し、第3作が出ることが楽しみになります。

    ちょっとラノベ(ライトノベル)風の青春小説ではありますが、今年(2024年)の本屋大賞受賞作品。大人でも十分楽しめ、日頃本を読まない人にもお勧めできます。

    ちなみに、この成瀬シリーズは次の第3作までは出るようですが、著者が本当に書きたかったのは恋愛小説。

    その後は路線変更しそうですが、第4作として成瀬の恋愛も読んでみたくなります(第3作でありかも?)

全1件中 1 - 1件を表示

宮島未奈の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×