蜘蛛 TOMOコミックス TM-2

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
  • オリジナルアイテム ・本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハンス・エーベルス『蜘蛛』
    ギイ・ド・モーパッサン『呪いの手』
    ウイリアム・ワイマーク・ジェイコブス『猿の手』
     独仏英の異色怪奇三大傑作集!

     
     冒頭の『蜘蛛』は不可解な事件の連続で、一体どんなトリックなんだと楽しみにしていたら、謎解きはなくてそのまま終わってしまった。
     続く作品も同じ感じ。

     謎解きのない尻切れトンボのミステリーという印象。
     解説で加納一朗さんが書かれていますが、こういう作品を【ゴシック・ロマン】というそうです。
     
    「幽霊屋敷や悪魔や、説明できない怪奇現象・心霊的世界、そういったものをテーマにした文学です。
    広い意味でのミステリーであり、推理小説とはいくつもの共通点があります。いわば推理小説は、怪談に合理的解説をあたえた文学として発展したのです。」
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180728/p1

全1件中 1 - 1件を表示

蜘蛛 TOMOコミックス TM-2を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする