覚えない記憶術 [honto]

著者 :
  • サンマーク出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
  • honto ・電子書籍
  • / ISBN・EAN: 9784763135162

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の前著「読んだら忘れない読書術」を読んでいたため、それらの流れでとりあえず読了。熟読した。





    根幹は、脳の海馬の一時的仮保存された情報がその間に何度も使用されると、それを側頭葉の長期記憶に振り分ける。という脳科学的根拠。

    それを元にした、従来のインプットとは行動的には逆説の「アウトプット」活動をした方が記憶できますよ。
    という意味での「覚えない記憶術」。


    個人的にタイトルをつけるならば、

    (身体全体での)アウトプット経験学習法、「逆説的」記憶術。といった具合か。

    大まかな内容。
    ・手で書く、発声、それら組み合わせなどのアウトプット、
    ・関連付けて記憶、
    ・記憶以前の理解と整理が非常に大事、
    ・しっかり睡眠をとる必要性、
    ・効果的な長期記憶のためのアウトプットの期間と回数、
    ・感情操作での記憶法、
    ・ITクラウドを利用した記憶術、
    ・脳ワーキングメモリを解放し、ムダなエネルギー排除と集中効率を高める方法、
    ・脳や記憶への、運動の素晴らしい効果やその具体的方法 等。




    まず前提となる脳科学的根拠の最新知識や、記憶化のしくみや原則が非常に分かりやすく理解できた。

    海馬や側頭葉との関係(短期長期記憶の関係 海馬という情報の仮置き場にそれがある状態で何度もその情報を使うと、側頭葉にそれが送られ長期記憶化する。)や、シナプス結合の数が重要など。

    記憶には4ステップあり、その最初の2つである「理解」「整理」という事前準備が記憶以上に重要である点、
    意味記憶、エピソード記憶の原則、等。

    少し前に、脳のワーキングメモリ、マジカルナンバー7についての本(何十年も前の本)を読んでいたが、この本で最新の脳メモリについての事柄も知れた。

    そして、運動するとBDNFという物質が分泌され神経細胞の増殖が促進、脳が育つ!という点が個人的に初耳で感銘を受けた。
    その他参考文献内に以前読んだ本が数冊あり、その影響か各所非常にすんなりと理解できた。






    個人的にはまだ記憶術分野は探求しておらず、この本がとりあえず記憶に関する初の本となった。その為、主観的評価が若干高め。

    読者特典などの映像を見るとやはり売るための本としての側面が大きく、更に記憶について知りたい方は巻末参考文献にある池谷氏の本などを参考に、と語られていた。
    その点で、記憶術初心者にはレベル相応の本かも知れないが、上級者にとっては数冊の中の簡素な一冊に過ぎないかもしれない。
    しかし「新しい」本として一読の価値はあるように思えた。

    自分流読書術に於いて、要点をノートに書き出しマインドマップ化するだけで理解と内容定着力が格段に違っていたのだが、その理由も理解でき(理解と整理)理に叶っていたと納得。
    個人的経験則から、やはり「アウトプット」こそ最大の記憶術であると。
    本書にもあるように、入力と出力のバランスに於いて良質でそこそこの量のインプットを持った上での、アウトプットを習慣化していきたいと再確認した。

    既知のTIPSやハウツー的部分もあったが、
    ムダな記憶の必要性が無くなった現代(と言われている。以前、茂木健一郎氏の著書で知った)に対応した具体的方法論の本。

    記憶に関してだけではなく、普段の生活全般に於いて役立つ内容。行動を習慣化し、情報処理、健康、自己成長を加速させるヒント、マインド、テクニック。
    各人のそのスキルを洗練させていく手助けとなりうる一冊であると感じた。

    (守)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
メールマガジン「精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ」など15万部以上を配信している。その発行部数は国内でも屈指。
Facebookページの「いいね! 」数は14万を超え、個人では最大規模のFacebookページ運営者として知られている。Twitterフォロワーは約12万人。こうしたインターネット・メディアを駆使して、精神医学、心理学の知識や情報をわかりやすく発信している。
また、過去20年間の読書数は6000冊以上にものぼる。その脳科学的な裏付けのある「記憶に残る読書術」により得た知識や情報をSNS上での紹介や執筆活動を通じて広くアウトプットしている。
著書に『読んだら忘れない読書術』『ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術』『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』(サンマーク出版)などがある。

「2018年 『いい緊張は能力を2倍にする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樺沢紫苑の作品

覚えない記憶術を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする