Disgrace: A Novel

著者 :
  • Penguin Books
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 2
  • Amazon.com ・洋書 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780140296402

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 興味本位で読んでみたらとんでもない物語だった。南アフリカにおける黒人問題(黒人を受け入れきれない白人老人の潜在意識、赤の他人の黒人から向けられる憤り)、社会から必要とされない老人と誰も貰い手のいないペットの問題、レイプをする側とされる側の気持ちの違い、全てが恥辱として描かれる。そして衝撃のラスト。あえて犬を殺したのはきっと主人公は自分とその犬は同じだと考えていて、安楽死したかったからなのだろう。半端じゃない物語。

  • 世界の小説を読む第24冊目南アフリカ
    なかなか感想を持ち辛い作品だった…。情欲を抑えきれず、教え子の一人に手を出し、非を認めない強情さから退職に追い込まれた大学教授の主人公。田舎で畑を耕し細々と生活を営む一人娘の下に転がり込むが、ようやく馴染んできたと思ったのも束の間、強盗三人に襲われてしまう。「享受」がテーマなのかな、と漠然ながら思った。以前程魅力的ではなくなった自分の老いへの恥辱、不名誉な退職を余儀なくされ誰もからも蔑まれる恥辱、都会から田舎へ都落ちをせざるを得ない恥辱、娘を陵辱されあまつさえ妊娠させられてしまう恥辱、アパルトヘイト時代であれば使役していたであろう黒人に庇護される恥辱、こうした数々の恥辱に対して怒りをぶちまけ拳を振り上げるのではなく、一切を受け入れるまでの過程が、最後の犬の安楽死のシーンで描かれているのであろう。死と同様逃げられるものではないのだから。シンボリズムやテーマが多過ぎて咀嚼しきれなかったので、もう一度メモを取りながら分解して読む必要がありそう。

全2件中 1 - 2件を表示

Disgrace: A Novelのその他の作品

2-B001QKBHPKの詳細を見る Audible Audiobook 2-B001QKBHPK J. M. Coetzee
2-B004QJSDICの詳細を見る Paperback 2-B004QJSDIC J. M. Coetzee
2-014314345Xの詳細を見る Audio CD 2-014314345X J. M. Coetzee

J. M. Coetzeeの作品

Disgrace: A Novelを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする