グーグルと中国 [パブー]

著者 :
  • パブー
2.86
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 96
レビュー : 2
  • パブー ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Googleの中国撤退について中立的な立場で語った文章。メディアで報道される情報としては正しいが、書籍化される情報としてはおもしろみに欠ける。書き手の見解が表現されていないと、書籍として読む楽しみはない。

  • 中国と google の関係については、2010 年 8 月の現在でも通用する、よくまとめられた分かりやすい解説だと思う。

    だけど「インターネット」の枕詞としての、下記文章に疑問がある。
    >アメリカ西海岸で1970年代に盛り上がったヒッピー文化を受け継ぐインターネット

    これは、佐々木氏のみならず、20 世紀末期に青春を送った人たちが、ついつい語る言葉のように思えるのだけど、本当の事なんだろうか。
    インターネットが商用利用されるようになった瞬間から、ヒッピー文化の牧歌性とは縁を切ったと見るべきじゃないだろうか。

    ヒッピー文化が何なのかは、実は私には分からないんだけど、それは恐らく「フリー」という概念と密接に関わっていると思う。
    そこには「誰が誰に対しても、好きなことが言える」という意味の自由も含まれるだろうし、匿名発言の自由もあるはずだ。

    だけど、商用プラットフォームとなったインターネットには、その手の自由を無条件に認める余裕は無い。
    だって、自分の氏名や住所を明かさないまま、ピザの出前を取ったりしたら、迷惑だし。その前に犯罪だし。
    野放図に話を広げちゃうと、アマゾンで他人のカード番号で買い物してもいけないし、他人の垢でネトゲにログインしてもいけない。

    これは、ユーザの自発的なマナーの問題だけではなくって、システム側の身元確認や詐称防止のしくみの実装をもたらした。
    これって、ごく一部の有償サイトの話だ、っていう切り分けが出来るのかもしれないし、出来ないかもしれない。
    でも私は、そういうしくみの追加というのは、インターネットの大きな部分に変質をもたらしたんじゃないかな、という気がする。

    なんだかんだ言っても、Adrian Lamo は Bradley Manning を FBI に売り飛ばしちゃったしね。
    やっぱ、21 世紀にもなって、「1970年代のヒッピー文化を引きずってますよ」というワケでもないと思うんだ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

佐々木 俊尚(ささき としなお)
1961年生まれ、兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部政治学科中退後、1988年毎日新聞社入社。記者として勤めたあと、1999年『月刊アスキー』の編集部デスクに転身。2003年退職後、主にIT分野やメディア業界に関わるフリージャーナリストとして活躍。大学非常勤講師なども担当している。
代表作として、2010年度大川出版賞を受賞した『電子書籍の衝撃 -本はいかに崩壊し、いかに復活するか?』、『キュレーションの時代』など。近年は『家めしこそ、最高のごちそうである。』といった自宅料理についての著作もある。

佐々木俊尚の作品

ツイートする