国木田独歩全小説紹介 [パブー]

著者 :
  • パブー
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
  • パブー ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国木田独歩は沢山の短編を書いていて、出版社によって収録されたりされていないものが多くて読み逃している話をチェックするのにこれはいい!簡単な粗筋もとても興味をそそる。今後見つけ出して読むのが楽しみ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1987年東京生まれ。在野研究者(専門は有島武郎)。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。2015年、第59回群像新人評論優秀賞を受賞。著書に『これからのエリック・ホッファーのために――在野研究者の生と心得』(東京書籍)ほか、『貧しい出版者』(フィルムアート社)、『仮説的偶然文学論』(月曜社)、『無責任の新体系』(晶文社)など。

「2019年 『在野研究ビギナーズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒木優太の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×