文章 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 2
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海軍機関学校で英語について教鞭を振るいつつ、
    その傍らで「本業」として文芸活動を行う保吉。
    彼が人に頼まれて弔辞を書いたことで、創作の矛盾にぶつかりうちのめされる

    保吉の芥川龍之介自身をモデルにしていることに全く疑いはないし、もしかしたらこの話の大きなところは実話かもしれない

    いいや、仮にフィクションだったとしても、保吉に自身の持つ創作上のジレンマを託したのは間違いない

    己の納得した芸術より、どうとも思っていないものの方が評価され、戸惑ってしまう
    現代でも創作をする人なら直面してしまうかもしれない

  •  頼まれたからやった、いわばやっつけ仕事でやった弔辞を読んであんなに泣かれたら、代理で書いたっていう罪悪感もかなりあるだろうなと。それでもって、ちゃんと本気で書いた文章を酷評されたという事実でツーコンボ。自分がやってることは何なんだと思わざる得ない。

全2件中 1 - 2件を表示

芥川竜之介の作品

文章を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする