葱 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 0
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  冒頭、作者の切迫した現状の話があり、どんな話が始まるのかと思ったら……。たぶんにやっつけ仕事だったのかもしれないけれど、やっつけ仕事にしては設定がちゃんと完成されている物語が完成していて、さすがは芥川なのか、それともやっつけではなかったのか。
     美しい風景が、葱、しかも1束4銭というレア葱を見てしまった瞬間に現実に引き戻されるという。どんなに美人さんでも、これからデートだというのに1束4銭の葱買って嬉しそうな顔をしている彼女を見たら、そりゃハイカラボーイは幻滅するだろうな。

全1件中 1 - 1件を表示

芥川竜之介の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×