おぎん [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分たちの事を守るためには残酷になれる「悪魔」
    その「悪魔」に屈するべきなのかどうか・・・

    屈しても負けたことにならない、と

  • どんな文学に疎い人でも、大正の大文豪・芥川龍之介の名前を聞いたことがない人はそうそういないでしょう。今回紹介する「おぎん」の作者でもある芥川龍之介は、1892年に現在の中央区明石町で生まれる。1915年には代表作「羅生門」を発表。同年、夏目漱石門下に入り、『鼻』が漱石に絶賛される。1916年大学を卒業後、多くの短編小説を次々に発表。

     江戸時代初期、禁教令が発布され、隠れキリシタンは発見次第、火刑に処されていた

    仏教徒の両親と死に別れ、隠れキリシタン夫婦の養子となったおぎん。信教がばれて火炙りの刑を言い渡される。

    この世で人間として生きている限り、自分の力ではどうしようもないことがある。そのうちの一つが“死”である。そして、生きている限り死んでしまったらどうなるか分からないものだ。天国か地獄かも分からない。とすると、生きている人間が取るべき態度は何なのか。キリスト教を守り通して天国へ行くか。宗教を捨てて生き延び地獄へ行くか。信教心と家族の繋がりとでのせめぎ合いがこの作品では描かれている。人間の本質をついた痺れる作品となっている。また、締めの一節に注目してほしい。

全1件中 1 - 1件を表示

芥川竜之介の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×