或日の大石内蔵助 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.71
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 3
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わたしが思い浮かべていた内蔵助像に近い。遊郭で遊んでいたときも敵を欺く目的のみではなく(実はそれは後付けで、周囲の人間もしくは後日江戸の町民が囃し立てただけだったのかもしれない)、そこに癒しを求めていただけなのではないか的な、人間らしい内蔵助。史実はよく知らない。

  • 龍之介は内蔵助の中に己を投影していたのかと、改めて読んで、思った。

  • なんというか、一人冷静な大石内蔵助……仇討ちをしたのであって、ヒーローなんかになるつもりはなかったのに、と。

全3件中 1 - 3件を表示

芥川竜之介の作品

或日の大石内蔵助を本棚に登録しているひと

ツイートする
×