或恋愛小説 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 3
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 対話形式で描かれている短編。最後の最後の一文で「やられた!」と驚きつつも笑ってしまった。 なるべく前情報を見ずに読んでみてほしい作品。

  •  当時の王道展開を持ちながらも、その裏を見ると現実を考えさせられてしまう本編に、売れるわけねーだろ!とつっこむ出版社。でも、その裏を深く切り込んでいる辺りにおもしろみを感じさせるのだから上手なんだよな~。
     恋愛小説といえば、最初は片思いだけど次第に両想いになって2人幸せハッピーエンドを欲しがる。だけど、遂げる事の出来なかった恋であっても、幸せな時間を閉じ込めて良しと女主人公は思い、相手の男は女主人公自身のことなどどうにも思ってない。バッドではないじゃないですかと言われればそうなのであって。まー、でも相手の男は好きな演奏が出来ない点においてはバッドですかね。

  • 星新一みたいなテンポ

全3件中 1 - 3件を表示

芥川竜之介の作品

ツイートする
×