予が半生の懺悔 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  主に小説を書き始めたきっかけから今までに至るまでの話。幕末志士の精神がもう少し残っていたら小説家としてまた違う感じになっていただろうし、こんな苦悩はしなかっただろうな。
     自分の好きなことを仕事にっていうのは最近の流行り思想ではあるけれど、四迷にとってはかなり苦悩するものであったらしい。特にお金のために書いているのか……と思ってしまうのはやや共感。それを割り切ってしまえば楽に生きられるだろうけど、そうもいかないんだろう。かの有名な名前の由来の意味合いがますます深まった。

全1件中 1 - 1件を表示

二葉亭四迷の作品

予が半生の懺悔を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×