愛撫 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 6
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とある漫画に登場し、気になったので読んでみました。短くて読みやすかったです。
    別に猫の耳をパチンとしてみたくはならないかな。

  • 猫に対して、梶井基次郎のサドな部分が急に出てくる。とても好き。

  • 猫好きにとっては読んでいて辛いというか腹が立つ話。でも最後は…。後味がなんだか悪いのは、自分が猫好きだからだろうか?

  • 夜、歩いて帰りながらクスリとしつつ読んだ。
    猫の足の裏を想像しつつ家に着いた。

  • 噛んじゃった……!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1901年(明治34年)、大阪生まれ。志賀直哉の影響を受け、詩情豊かな小品を描いた。1925年、同人誌「青空」に、「檸檬」を発表。肺結核で1932年(昭和7年)に没。

「2013年 『檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梶井基次郎の作品

ツイートする