山月記 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
4.04
  • (15)
  • (21)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 25
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつだろう、中学か高校の国語で読んで以来の再読。
    今だからこの作品の悲しさ深さがよくわかる。
    こんなの学生が教えられたってわかるものじゃないだろうに。
    人に批判されることを嫌い、恐れて、だれにも教えを乞わず、自己の才能のみに頼って大詩人になろうとするなんざ、いまでも小説家志望の人には耳の痛い現実そのものだろう。
    たくさんの警句もちりばめられていて、何のために生きるかわからないまま生かされている、とかいうのもいかにもそんな感じ。
    びっくりしたなぁ、こんなに深いものを国語でやっていたんだ。

  • 高校以来の山月記。無駄のない美しい文章で言うことなし。なのに私の心に響いてこなかったのはなぜ?
    時間をあけてまた読んだら変わるかな。
    もう一度挑戦したいと思う。

  • 子供の頃教科書に載っていて、心打たれた作品。短いのに、そのなかにいろいろなことが凝縮されているように感じて、当時圧倒されたのが懐かしい。20年経った今、改めて読んでみたが、子供の頃以上に、主人公の言葉ひとつひとつが胸に刺さる。とても短い作品なのでおすすめ。

  • 最近、入眠時の暗がりの中でiPhoneの青空文庫アプリを使って、過去の『文学』を読んでます。分かったふりしながら。

    本作は、「臆病な自尊心と、尊大な羞恥心」を克服し切れずに虎になってしまう男の心情を描いた中島敦の代表作。

    教訓がストレートに伝わってきますね。

  • 教科書に載っていた。近代文学が大嫌いな私だが、この作品は好感が持てる。『臆病な自尊心と尊大な羞恥心』という言葉を知った時、あまりにも自分のこと過ぎて、一生忘れないと思うぐらいの衝撃を受けた。

  • ざっくり痛い。
    友人に感情移入するなら痛いだけでいいけれど、主人公に感情移入するとどうしていいかわからなくなる。

    思ったより読みやすくてびっくり。

  • 切ない…。哀しい。痛い。簡潔だけど深い。
    袁傪が書き留めた詩が、後に有名になれば、李徴も浮かばれるでしょうけれども、それも無さそう・涙。

  • 分からない単語ばかりで雰囲気で読みました。
    理解者がいなくて孤独になってしまい道を見失い自分がわからなくなってしまう恐怖は覚えがあります。順番や原因は人それぞれですが。

    家族や理解してくれている人達は大切だと身にしみます。

  • 11月後半のブンゴウメールにて。
    多分高校時代に教科書で読んで、文豪ストレイドッグスで中島敦の異能が虎なのでまた読んで…と何度も読んでいますが、面白かったです。
    尊大な羞恥心で虎になった李徴…その心持ちが辛いです。袁さん良い友です。
    虎が躍り出る悲しくて美しいラストシーンも好きです。

  • 666

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中島敦

一九〇九年(明治四二)、東京・四谷に生まれる。三〇年、東京大学国文学科入学。三三年に卒業し、横浜高等女学校に国語科教師として就職。職の傍ら執筆活動に取り組み、「中央公論」の公募に応じた『虎狩』(一九三四)で作家としての地位を確立。四一年七月、パラオ南洋庁国語編修書記として赴任。持病の喘息と闘いつつ『山月記』『文字禍』『光と風と夢』等の傑作を書き上げる。四二年(昭和十七)、職を辞して作家生活に入ろうとしたが、喘息が重篤となり、同年十二月に夭折。

「2019年 『南洋通信 増補新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島敦の作品

ツイートする