病む子の祭 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 2
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  「ごん狐」ぶりの新美さんの作品。

     青空文庫の注意書きであったけれど、確かに今だと差別用語や差別的な態度がオンパレードだし……自分はあんまり気にしないタイプだけど、気になる人は気になるかもしれない。まあ、ちょっとひっかかる程度で流して読んだ方がいい筈。

     よし坊の死に際の話なんだけど、わりと日本の映画にありそうな展開のストーリー。平平凡凡で進んでいくんだけど、実際はそうではなくて、静かに物語が続いていくあたりが日常生活を演出している。
     それに、よし坊がおとなになれないことを察しているあたりや鳥を手に乗せているところはなんとも言えない寂しさが、感じられる。私が保護者だったら、無理にでもよし坊の願いを叶えたいかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1913年愛知県知多郡半田町(現・半田市)に生まれる。中学時代から童話を書き始め、『赤い鳥』『チチノキ』などに投稿。東京外国語学校卒業。教師をしながら創作活動を続け、童話・小説・詩など多くの作品を残す。代表作に、『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』『おじいさんのランプ』などがある。1943年咽頭結核により、29歳の生涯を終える。

「2021年 『新美南吉童話集 ごんぎつね・手ぶくろを買いに など』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新美南吉の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×