弓町より [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 2
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 書くということ、考えるということ、彼の徹底した姿勢がこういうものを生むのだと思う。
    詩というよりは、もっとことばとか存在とか、生きるということ、彼にとっては詩というのは、生きて在るというそのこと以外の何ものでもない。
    ただ、考えるということを小説や歌、詩というものにしなければ置いておけぬというのが、彼の生きた当時の様相だったのだと思う。だからこそ、詩というものの形式というものにこだわらなければならぬ。
    考えるということはこの身ひとつでできる。そこに、文語とか口語とかない。そして、どういうわけか、考えるということをどうやら日本語で行ってきた。ならば、この身ひとつで考え切ってみせる。徒手空拳でことばに挑むのだ。
    詩人というのは、他人が勝手に呼ぶものだ、自分で考え、それを書く。その結果、詩と呼ばれるものになっただけのことだ。まとまっているはずない。だいたい、そんなふうにものを考えていない。考えているのは雅語によってではない。日本語だ。そして、そのことばをもって考える、このおれだ。
    きっと折口信夫と出会って対談していたら、もっとおもしろいことばが聞けたに違いない。どうも、同じ匂いが彼らからはしてくる。

全2件中 1 - 2件を表示

石川啄木の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×