火 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 帰ってこない父親。生活が変わっても刺繍を続ける母親。
    母親が(おそらく)他の男と関係を持っている光景を見てしまった米。
    米が一番健気で、それでもって母親の暗闇の部分を恐れている。でも、一番苦しいのは母親なのだろう。
    家庭を明るくする火は、暗闇を暴き、浄化することはでき得るか……。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

明治31年(1898年)福島県生まれ。早稲田大学政治経済学部除籍。菊池寛に師事し、『蠅』と『日輪』を同時期に発表してデビュー。「文学の神様」とも称された。代表作に、『機械』『旅愁』などがある。

「2021年 『春は馬車に乗って』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横光利一の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×