半七捕物帳 11 朝顔屋敷 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 2
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すべてが露見してしまえば何とも他愛のない話だが、いかにも古き良き江戸の世のノスタルジーを感じる。息子を思うあまり、迷信に振り回されて右往左往する良家の奥方が哀れ。

  • 朝顔の花が咲くと必ず家に凶事が...

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

本名敬二。1872年、旧御家人を父として東京に生まれる。東京日日新聞に入社。記者の傍ら戯曲を書き、『修禅寺物語』『番町皿屋敷』等の名作を発表。捕物帳の嚆矢〈半七捕物帳〉で人気を博した。1939年死去。

「2023年 『江戸の思い出 綺堂随筆』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本綺堂の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×