描かれた花 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字旧仮名
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  自然の美と描かれた絵画の美は同じではない。そこにはアプリオリが絡んでいるし、描き手の感じたモノ・コトというフィルターも通している。写実派であれなんであれ、<完全なる模写>は存在しえないと言っている様。
     それは映像体験でも同じような事が言えそう。今どきの4K、8Kであっても、実際と映像を通したものだと感じ方はやっぱり変わってきそう。それは撮っている人のここを映したい、伝えたいという気持ちが絡んでくると思うから。
     そう考えるとこの文章は心理学的な知覚を考えるのにおもしろい文章だなと思った。
     そして最後の科学との対置。主観と完全に切り離された客観を持つ者こそが科学者であると。理想はそうだけれど……?

  • 人間の認識に関して芸術から始まって科学、宗教の分野まで
    話が進んで面白いと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

有島武郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×