I can speak [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 40
感想 : 3
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『富嶽百景』の少しあとの話、かな……

    後半の姉弟のやりとりが、『斜陽』の姉弟と重なる。
    太宰は恋に支えられていた人なのだと、あらためて思う。

  • 書き出しの一節がとても好きです。それからも、なんてことのないことですが、救われたほの明るい感じがして良いです。わたしも、心が救われたもろもろの事について書き散らして誰かに送りたい、とふと思いました。短いエッセイでしたがとても良かったです。

  • これだよー
    こういう太宰が好きなんだよー!
    執筆中に外から聞こえる女工たちの歌声。お礼を言いたくても言えない太宰、ある日、女工の一人と、その弟の会話を目撃し…


    美しい景色と、儚い言葉と、不思議な叙情。
    最後の言葉が本当にいい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1909年〈明治42年〉6月19日-1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。本名は津島 修治。1930年東京大学仏文科に入学、中退。
自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、戦前から戦後にかけて作品を次々に発表した。主な作品に「走れメロス」「お伽草子」「人間失格」がある。没落した華族の女性を主人公にした「斜陽」はベストセラーとなる。典型的な自己破滅型の私小説作家であった。1948年6月13日に愛人であった山崎富栄と玉川上水で入水自殺。

「2022年 『太宰治大活字本シリーズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太宰治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×