黄いろのトマト [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 5
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 宮沢賢治「黄いろのトマト」
    これは博物局十六等のキュステ誌である。彼が幼いころの記憶だ。彼は町の博物館で四匹の蜂雀の剥製を見る。その剥製の内の一匹がいきなり彼に話しかけた。それはペムぺルとネリという二人の兄弟の話だった。蜂雀はゆっくりゆっくり話し始めた。ここで原稿一枚なくなっている。二人の兄弟は家で野菜などを植えて楽しく暮らしていた。ある時兄弟はトマトを十本植えていた。すると十本の内の九本は赤いトマトなのになぜか一本だけは黄色のトマトだったのである。そこで妹のネリはお兄ちゃんのぺムぺルに聞いたのである。「なぜこのトマトはこんなに光るの」と、するとペムペルはこう答えた。「黄金だよ。黄金だからあんなに光るんだ。」と。そう勘違いをしてしまった為にこの後悲しい思いをすることになる…。なぜ、蜂雀が言葉を詰まらせながらこの話をしたのかこの後の話を聞いて彼は思い知らされる。純粋でとてもかわいい二人の兄弟が何も知らない無知のせいで今まで味わったことのない悲しい思いをするこの物語は、まさに「教育」がいかに大事かを教えてくれるものである。この物語自体もある意味、教育なのである。無知というのは時に自分が恥ずかしい思い、又は辛い思いをしてしまう。この兄弟は大人になったらその記憶は薄れるだろうが、その時は大人達をとても怖い者だと思っただろう。幼い彼にとっても蜂雀から聞いた話は忘れられないものになっただろう。今の時代の日本であれば二人の兄弟の過ちを咎めることをせず優しく教えてくれただろう。しかしその時の時代の大人は切羽詰まった生活をしていたこともあり、常識はずれなことをしている人を見てつい怒ってしまったのだろう。

  •  現実の悲しさ、同じような気持ちを感じたことがあるのではと思ってしまう。
     まちに入った途端に惹かれていた音楽が不快な音に変わってしまうのも、2人が生活していた<世界>から、現実という<場>に来てしまったからなのではないだろうか。

     なくなっている原稿にあるであろう2人の両親との日々も気になるところ……。蜂雀のように語りたくない何かがあったのだろうか。

  • 宮沢賢治の独特の世界観が印象的な作品である。
    ペルペムとネリにとって「黄いろのトマト」は大人がもとめる金貨であるのだと思う。
    ペルペムやネリと大人がトマトや金貨それぞれに対する価値観は同じであっても、物自体が一致することはない。
    子供の頃の、自分が見ている世界を囲んでいる大きな世界を見ることは幸せだけではないのだと思った。

  • 「かあいそう」なお話。蜜蜂がもったいぶって話さないところはいらっとしたけど、かあいそうすぎて話せなかったのかな? かあいそうな2人の子どもより、語り部のほうに興味が向かってしまいました。

  • 新潮文庫の「新編 銀河鉄道の夜」に収録されてる
    ものをまとめて読んだ中での一篇。

    簡単なコメントで。

    蜂雀が語る、かあいそうな兄妹の物語。
    悲しいお話。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1896年岩手県花巻市に生まれる。盛岡高等農林学校農芸化学科卒業。10代の頃から短歌を書き始め、 多くの詩や童話の作品を残した。 生前に、心象スケッチ『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』を刊行。 また、羅須地人協会設立し、農民の生活の向上のために尽くしたが、1933年急性肺炎のため37歳で永眠。

「2021年 『宮沢賢治童話集 注文の多い料理店・セロひきのゴーシュなど』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮沢賢治の作品

ツイートする
×