キチガイ地獄 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 3
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読むにつれて訳がわからなくなるのはドグラ・マグラに似ている。アマゾンレビューでもみんな言っている。まあそうなるわな。

  • 夢野久作の語り手を信じるなシリーズ。
    途中から、あれなんか整合性が???と思った。
    そして最後ゾワッと怖かった。どこまでが真実か?もしかしたらそれは藪の中かも知れないし、はなからなかった、作り出された「キチガイ地獄」かも知れない。

  • タイトルがずっと気になっていたので青空文庫で読む(全集におさめられているらしいが、入手困難)。記憶を失った青年の独白の体を借りて語られる真相とは…?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1889年、福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇味と幻想性の色濃い作風で名高い。1936年歿。

「2021年 『空を飛ぶパラソル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢野久作の作品

キチガイ地獄を本棚に登録しているひと

ツイートする
×