詩の原理 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「詩とは何であるか」を徹底的に考究する内容.前半で,詩を詩たらしめる内容的側面について考察した後,これを踏まえて,詩を詩たらしめる形式とはどういったものであるかを探っていく.
    正直,萩原氏の詩作品に全く触れたことが無く,また近代の日本文学にもそれほど明るくない状態で読んだのは,些か手落ちだったかもしれない.本人は当時の自然主義文学と呼ばれるものに対して,かなり強硬に否定的な態度を示していて,それが随所に現れる.また,後半の形式に関する議論では,些か思い込みで論を進めてしまっているところがあるようにも見受けられた.少なくとも漢文・漢詩及び,それによって記述された種々の文書が,大陸から日本の芸術・思想にもたらした影響というのは無視できないように思われるのだが,氏はこの点について殆ど言及していない.しかし一方で,詩という芸術の本質を考えるにあたっては,先人の業績にも触れつつ慎重にその真理を探っており,詩の本質とは何であるか,という点に関する考察としては,一読に値するものであると考える.

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)1886年~1942年。日本近代最大の詩人。生前に発表された詩集は『月に吠える』『蝶を夢む』『青猫』『純情小曲集』『萩原朔太郎詩集』『氷島』『定本青猫』『宿命』。他に詩論『詩の原理』、アフォリズム集など多数。

「2013年 『宿命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原朔太郎の作品

詩の原理を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする