婦人作家は何故道徳家か? そして何故男の美が描けぬか? [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このタイトルに集約されていると言っても過言ではない。
    ブルジョア社会文化の本質において男尊女卑であること。歴史においても、それじたいが、もう既に、婦人作家は一種の道徳家にならざるを得ない状況になっていた。言っている事がおかしかったらごめんなさい。

    底本「宮本百合子全集 第十八巻」新日本出版社
    底本の親本「宮本百合子全集 第十五巻」河出書房

    父を※している
    性的アドーレーション(礼拝・崇拝・敬愛)は人的アドーレーションなしに不可能であるから。
    男の美を描き得るためには、女は先ず性的奴隷の鎖を切らねばならぬ。

全1件中 1 - 1件を表示

宮本百合子の作品

婦人作家は何故道徳家か? そして何故男の美が描けぬか?を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする