髯籠の話 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字旧仮名
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 2
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ビックリするほど意味が分からなくて狼狽えた。事前に要点を説明している文章を読んでいるにも関わらず、文章の帰結がどこに行くのかまったく分からない。考えながら書くのをやめなさい!!と思った。

    五章の一節が面白い。
    神にそなえる供物の話。
    「諸神殺戮の身代わりとして殺した生物を、当体の神の御覧に供えるというところに犠牲の本意があるのではなかろうか」と言ってて、つまり、殺したい神というのがいて、その身代わりに動物を殺すんだけど、殺した動物をその神に見せる、というのが犠牲の本意だと言っている。「けれども殺すべき神を生しておいて、人なり動物なりをもってこれに代るということは、天梯立のとだえたことを示すもので、従来親愛と尊敬との極致を現してきた殺戮を、冒瀆・残虐と考えだしたのは、そもそもすでに神人交感の阻隔しはじめたからのことである。」

    親愛と尊敬との極致に殺戮があるというところもよく分からないし、殺すべき神というのもよく分からないんだけど、とにかくなんとなくワクワクさせられる文章。


    でもなぜそんなことが言い出せるのかよく分からない。こういうことがあれば面白いけどね、という感じがする。

    折口の論をどこまで信頼するのか、という話だが、まぁアイデアの一つとして捉えて、論証は自分で行うのがよいのかな、と考えた。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

歌人・詩人、国文学・民俗学・芸能史・宗教学者。筆名・釈迢空。
大阪府木津村生れ。國學院大學卒業。國學院大學教授、および慶應義塾大学教授。
1953年9月3日逝去(66歳)。能登の墓所に養嗣子春洋とともに眠る。

「2019年 『精選 折口信夫 Ⅵ アルバム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

折口信夫の作品

髯籠の話を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする