恋愛論 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  「愛」と「恋」の違いってなんですかと聞かれると、はっきりとした違いが言い出せないのに、でも性質って違うよなって感覚はある(自分だけ?)。そこから恋愛の意味まで話が広がる。人生一度きりの恋とか、運命的出会いとかそういうキラキラした「恋愛」って、冷静に本当に冷たい目で見れば、失われた恋も今現在進行形の恋も全部等価で、気持ち次第じゃないですかって言える。思い出フィルタってやつですかね。
     n回恋愛したって、一度きりの恋愛で結婚したって、結婚した後サツバツとした空気になったって、人生やっぱり恋愛って必要要素(その恋愛がどんな形であれ)なんだっていうのはおもしろい。読み返すたびに思うところが変わるかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

恋愛論を本棚に登録しているひと

ツイートする