処女作前後の思ひ出 [青空文庫]

著者 : 坂口安吾
  • 青空文庫 (2006年6月17日発売)
  • 新字旧仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :2
  • レビュー :1
  • 青空文庫 ・電子書籍

処女作前後の思ひ出の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  芥川が自殺した部屋で過ごすってすごいな……。芥川の死後に、本のための布が余ったからって青の絨毯をひいてしまったらしいという逸話もすごいけど。
     自分の作品に影響をしている師がいないっていうのは、それだけオリジナリティのある作品が書けるってことであり、前例のないことをするという不安や先の見えなさも同時に持つことになる。まーだから太宰と同じように無頼派とくくられるんでしょうけど。

全1件中 1 - 1件を表示

坂口安吾の作品

処女作前後の思ひ出はこんな電子書籍です

処女作前後の思ひ出を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする