葬られたる秘密 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 余韻が残る。
    私にも秘密というものはある。
    誰にでもあると信じてもいる。
    ただ、
    秘密に縛られるのも
    悪くないなと
    感じた。
    もう少し踏み込んで
    この作品について知りたいと思った。
    が、おそらくもっと
    他にも興味が拡散しているので
    これっきりで終わりかもしれない。

  • 「むかし丹波の国に稻村屋源助という金持ちの商人が住んでいた。この人にお園という一人の娘があった。お園は非常に怜悧で、また美人であったので、源助は田舎の先生の教育だけで育てる事を遺憾に思い、信用のある従者をつけて娘を京都にやり、都の婦人達の受ける上品な芸事を修行させるようにした。」

    しかし、幸せに人生を歩んでいくと思われたお園は、「結婚後四年目に病気になり死んでしまった。」のである。

    更に不幸なことに、死んだはずのお園の姿が夜な夜な目撃されるようになる。お園の心を現世に引き止めたのは「一通の手紙」だった。

    そのことが和尚によって突き止められ、手紙は焼却された。

    これがこの物語の粗筋だが、「死んでも死にきれない」ものを持って生きているのは本当に人生の不幸である。様々な執着を捨てて、身軽に生きることを意識していきたいものだ。

全2件中 1 - 2件を表示

戸川明三の作品

葬られたる秘密を本棚に登録しているひと

ツイートする