お奈良さま [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルに釣られましたが、奈良ではなく、かけただけのギャグでした。実にくだらん。だがあっけらかんと笑えました。作者も楽しんで書いたろうことが伝わってきてよかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1906(明治39年)〜1955(昭和30年)、小説家・批評家・随筆家。
1930年、東洋大学文学部印度哲学倫理学科卒業。同人雑誌『言葉』を創刊。
1931年発表の「風博士」が牧野信一に認められる。
戦後、『堕落論』や『白痴』などで脚光を浴び、無頼派・新戯作派と呼ばれる。
1947年、『桜の森の満開の下』を発表。梶三千代と結婚し、『青鬼の褌を洗ふ女』に繋がる。
歴史小説『織田信長』(1948年)や推理小説『不連続殺人事件』(1947~48年)など様々なジャンルの作品も精力に発表する。人気作家として多作に励む中、1955年、『狂人遺書』を残し脳出血により急逝した。享年50。

「2022年 『霓博士の廃頽 坂口安吾 諧謔自在傑作集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×