花は勁し [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字旧仮名
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 美人で頭も良くて才能もあってそれを生かす境遇にも恵まれていて、本当に羨ましいような人です。私はこんなに強い女ではないから、強い女から見ればこの世はこんなふうに見えるのかと目を見張りながら読みました。

    こんな女性なら小布施さんのほかにもよい男性がいろいろいたのではないかと思うけれども。なかなかこういう特別製の女性につりあう男はいないかもしれない。

    「姿勢」「体勢」の描写に特色あります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。跡見女学校卒。1906年与謝野晶子に師事し「明星」に投稿。のち「スバル」同人として活躍。1910年画学生岡本一平と結婚、翌年太郎を出産。1929年から7年間渡欧。帰国後、1936年に芥川龍之介をモデルとした『鶴は病みき』で作家デビュー。以来、短編を中心に多くのすぐれた作品を残した。1939年没。

「2019年 『越年 岡本かの子恋愛小説集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本かの子の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×