灰だらけ姫 またの名 「ガラスの上ぐつ」 [青空文庫]

  • 青空文庫 (2006年3月10日発売)
  • 新字新仮名
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :4
  • レビュー :1
  • 青空文庫 ・電子書籍

灰だらけ姫 またの名 「ガラスの上ぐつ」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜ、父親はこの再婚相手を選んでしまったんだろうか、、と前半は虚しく腹立たしくなるが、最終的にはサンドリヨンは自分をいじめてきた姉たちにも慈悲深くある。これはガンジー並みの相手を許す心であろう。
    そして「やさしく、しおらしい心こそ、妖女のこの上ないおくりものだということを知らなくてはなりません。」と本文を締めているということは、教母からやさしくしおらしい心を育む教育をうけてきたことがなによりも重要であったことを指す。

    シンデレラストーリーというと、貧乏から昇進するようなイメージだが、本当のサンドリヨンストーリーは心の教育が基底にあったことを今さら知った。

    歴史ある物語は悪者を制するイメージだったけれど、そうでもないようだ。

全1件中 1 - 1件を表示

ペロー・シャルルの作品

灰だらけ姫 またの名 「ガラスの上ぐつ」はこんな電子書籍です

灰だらけ姫 またの名 「ガラスの上ぐつ」を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする