銀河鉄道の夜 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.71
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有名作品だけれど、ストーリーの記憶が無く読んでみた。

    状況描写が綺麗で、情景を想像したら楽しかった。
    CGで、実写化したの見てみたいなぁ。

    内容はあまり好きじゃない。
    解説サイトで「心からの自己犠牲がいちばんの幸せ」って読んだけれど、同意できない。
    あと、鳥を捕ってるおじさんもそれはそれで、良いと思うんだけれど批判的に描かれてるのがなぁ。

    たぶん作者と考えが一致してないんだと思う。
    合わぬ!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

大正・昭和時代の詩人・童話作家。岩手県出身。農学校の教師をしながら,詩や童話を書いた。『銀河鉄道の夜』『どんぐりと山猫』等の童話や、詩『雨ニモマケズ』など名作を多数創作。

「2018年 『注文の多い料理店/野ばら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮沢賢治の作品

ツイートする