水仙月の四日 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  雪の降るある日のお話を、雪の特異日に読むという偶然。
     文章から伝わってくる情景が美しい。紙芝居にしたら素的だろうなと思ったら、幾つかあるみたい。子どもをどうにか守ろうとする雪童子のあたたかさが良い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

詩人・童話作家。1896年(明治29年)岩手県花巻市生まれ。岩手をモチーフにした「イーハトーヴ」という理想郷を舞台に、幻想的な作品を制作した。1933年(昭和8年)に病死。死後に手掛けた作品の多くが発表され、以後世間に広く知られるようになった。代表作に『注文の多い料理店』『銀河鉄道の夜』など

「2022年 『よだかの星』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮沢賢治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×