もみの木 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字新仮名
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クリスマスなので。
    毎年読みたくなるけれど実際に読んだのは子供の頃以来。
    昔もっていた本の中に入ってた話。
    私の頭の中でこれは「すずの兵隊」とセットになっている。

    過去を持たない頃は未来に夢を見て、未来が見えなければ過去にひたろうとする。
    「若い頃は若さの価値に気づいていなかった」とふりかえるときにさえ、過去に戻りたがっている。
    そうやって、「今」をないがしろにし続けるからどこにもいけない。
    そんな話。

    大人目線で読んでみたら、なんだか結婚(=結婚式)にあこがれる女の子の話みたいだった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

楠山正雄1884(明治17)年、東京の銀座生まれ。早稲田大学英文科卒業。早稲田文学社、読売新聞社を経て、冨山房に入る。児童書の編集、百科事典の編集、翻訳、創作、演劇評論などを行う。1950(昭和25年)、逝去。

「2015年 『アンデルセン童話 おやゆび姫 最新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楠山正雄の作品

もみの木を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする