〔雨ニモマケズ〕 [青空文庫]

著者 :
  • 青空文庫
  • 新字旧仮名
3.88
  • (5)
  • (12)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
感想 : 9
  • 青空文庫 ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小学校5年の時、毎朝クラスみんなでこの詩を暗誦する習慣があったのを思い出した。面白い先生だった。

  • 読み度に、これより美しい詩は多くあるが、これだけ精神性の高い詩を私は知らないと言っていた哲学者の言葉を思い出す。
    確かにひとつの究極の人間の姿をこれだけ短い詩で完全に表しているんじゃないだろうか。

  • 言ってしまえば酷く『日本人らしい』ということ。耐え忍んで自己犠牲の精神ゆえ欲もなく、優しく凡庸で普通の人。好かれもしない代わりに嫌われもしない、できることならば私もそんな人間になりたい。

  •  大学で宮澤賢治を学んでいた時に、この詩を取り上げられました。その時は教員の話を適当に聞いていましたが、今ではお金を払ってでももう一度しっかりと、話を聞きたいと思いました。分かりやすい内容の詩なんですが、やはり、解説があるとなおわかる話なのかもしれません。
     しかし、大学では仏教(?)のようなものは取り扱っておらず、恐らくは教員の配慮なんだろうなあって思いながら読みました。だいたい何となくは伝わりますが、具体的ではなくあいまいなことでしか分からないのが、ちょっと悔しいですね。

  • はじめて全文読みました。こんなに短いとは思いもよらなかった・・・。
    しかも手帳に書かれていたものなのですね。
    なんとなく、ワースワースの自然主義を思い出しました。たしかにこのような暮らしができればよいのですが、実際にはなかなか。。。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

(著)
1896年岩手県花巻市に生まれる。盛岡高等農林学校農芸化学科卒業。10代の頃から短歌を書き始め、 多くの詩や童話の作品を残した。 生前に、詩集『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』を刊行。 また、羅須地人協会設立し、農民の生活の向上のために尽くしたが、1933年急性肺炎のため37歳で永眠。

「2022年 『宮沢賢治童話集 猫の事務所・銀河鉄道の夜など』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮沢賢治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×